アロマディフューザー

ENERGアロマディフューザーをレビュー!【水なし・リビング用】

ENERGアロマディフューザーを使ってみたレビュー

オフィスやリビングで使えるアロマの拡散範囲が広いアロマディフューザーが欲しい…。

このように思っているならENERGのアロマディフューザーが超おすすめです。

そのアロマの拡散範囲はなんと100㎡!畳に直すと60畳以上という驚異の拡散力を誇ります。

しかもアロマディフューザーとしては珍しい水を使わないネブライザー式なのでお手入れも簡単です。

この記事では、このENERGアロマディフューザーを実際に使ってみたレビューをご紹介していきます。

0.ENERGアロマディフューザーのおすすめポイント

  • アロマ拡散範囲が100㎡(約63畳)
  • 水を使わないネブライザー式
  • どこにでも合うおしゃれなデザイン

1.開封してみた

ENERG箱

まずこのENERGを注文するとこのような箱が届きます。

早速本体を取り出してみましょう。

ENERG本体

なかなかおしゃれだなあ…。他のアロマディフューザーの多くは円柱型や球形のものが多いのですがENERGはまるでコーヒーメーカーのようなデザインとなっています。

大きさは直径8.8cm高さが13.2cmとなっています。

500mlのペットボトルと比べるとこんな感じです。

ENERG大きさ

イメージよりはだいぶ小さいですね。

このサイズ感やデザインであればリビングやオフィスでも邪魔にならずどこでも置くことができそうです。

本体にはその上部にいろいろなスイッチが配置されています。

ENERGスイッチ

真ん中のTimerはそのままタイマーで、30分、60分、120分、そして連続運転の4つを選ぶことができます。

そして左右のON INTOFF INTですがこれは間欠運転をコントロールするスイッチです。

ON INTはアロマの噴射秒数、OFF INTは逆に噴射しない秒数を調節することができます。

例えばON INTが5、OFF INTが10であれば5秒間連続で噴射してその後10秒間運転を休止するという風な具合になります。

ON INT、OFF INTそれぞれ4段階調節できるので計16パターンもの間欠運転をコントロールできることとなります。

ここまで細かく調節できるものはまずないですね。

そして、本体以外には以下のものが同封されています。

ENERG同封

ACアダプターと替えのエッセンシャルオイル用の瓶2つ、丸いシールが3つ、説明書が同封されています。

まずアダプターはUSBコードとアダプターが分かれている形式となっています。

ENERGアダプター

これであれば電源を使わずパソコンにつなげば電源を入れることができます。

そして、エッセンシャルオイルを入れる替えの瓶は最初から本体についているのを合わせて3本付属しています。

ENERG瓶

そのうちの2本にはスポイトが付属されています。これで他の精油の瓶からENERGとして使える専用の瓶に移し替えることができます。

次にシールですがこれは専用の瓶につけて区別するために貼るもののようです。

ENERGシール

最後に説明書ですが、よくありがちな全て英語表記でわからない!ということもなく日本語で作成されており誰でも読めば操作方法がわかるようになっています。

2.実際に使ってみたレビュー

では、いよいよこのENRGを使ってアロマを放散させてみましょう。

とその前にふれておきたいのがこのENERGは他のアロマディフューザーとは異なりネブライザー式という変わった手法のアロマディフューザーだということです。

普通のアロマディフューザーは水を使い、そこに精油を薄めていれ、それを超音波で拡散させる超音波式ですが、このENERGは水を使わず天然の精油を直接セットしてそれを空気微粒子に変換して拡散させるネブライザー式をとっています。

ですので、水をこまめに交換したりする必要がない手間のかからないアロマディフューザーとなっています。

前振りが長くなってしまいましたがアロマを放散させてみましょう。

まずアロマを入れる瓶がついている噴霧アダプタという部分を取り外します。下に向けて少し力を入れれば取り外すことができます。

ENERG取り外す

ENERG取り外す②

そして、噴霧アダプタにつける瓶に精油を入れます。

ENERG精油

この画像では精油を直接入れていますが付属されているスポイトで入れた方が確実です。(ちゃんとスポイト使えばよかった…)

取り外した噴霧アダプタに瓶を取り付けます。

ENERG噴霧アダプタ

次に噴霧アダプタを本体に取り付けます。

ENERG噴霧アダプタ取り付け

最後に裏面にある穴にコードを挿入して準備完了です。

ENERG裏面コード

準備ができたら上部にある電源ボタンを押します。

ENERG電源ボタン

さあいよいよアロマの放散です…。

ENERG放散①

 

おっ?

 

ENERG放散②

 

 

おぉぉぉーーーーー!!!

 

 

水を使っていないのに水蒸気が出てる!すごい!

精油はイランイランを入れましたが、イランイランの香りが部屋中に広がります!

すごい拡散力です!これは他のアロマディフューザーと段違いだ!

というか放散の様子が分かりづらい…。

ということで放散の様子を動画で撮影してみました。

これならばアロマの放散の様子、細かい使用感がわかるかと思います。

3.使用感を細かくレビュー

ここから実際に使ってみた使用感を細かく書いていきたいと思います。

①香りの拡散力

まずエッセンシャルオイルの香りの拡散力ですが、伊達に100㎡をうたってはいません。他のアロマディフューザーとは段違いの拡散力を誇ります。

私の部屋はワンルームの9畳ですが部屋中がアロマの香りで満たされるのは当然のこと、廊下を抜けた玄関にまでその香りが広がっていました。

そして、なによりその香りが広がるのが早い

放散される霧に鼻を近づけてみるとわかるのですが他のアロマディフューザーとは比べ物にならないくらい強い香りを感じます。これを一気に噴射していくのでものの数秒で香りが部屋中に広がります。

これであれば広いリビングやオフィスでもこれ1台で十分に使用することができます。

何度も書きますがこの拡散力は群を抜いています。

②香りの持続力

そして、香りの持続力もかなりすごいです。

使用する際に2mlの精油を入れて連続使用してみましたがおよそ8時間後まで香りの放散を続けることができました。(正確には8時間経った後でも放散はされますが徐々に香りが弱くなる感じです。)

放散を止めた後もその強い放散力から部屋の香りはいい匂いに変わったままになっています。香りの持続力も他のアロマディフューザーと比べ物になりません。

③ライト

最近の流行りなのか、普通のアロマディフューザーには7色で光るライトがついているものが主流です。しかし、このENERGにはそのようなライトはついていません。

電源ボタンを押すとその周りが青く光るだけとなっているのでライト機能はほぼないといっていいでしょう。ですので、ライト機能が絶対欲しい!という場合には他の物を購入した方が無難だと思います。

④音はうるさいの?

アマゾンの商品ページには直接空気微粒子に変換するため60db程度の起動音が出るので注意してくださいという文言が書かれています。

ですが、上の動画を見てもらえればわかるとおり、確かに他のものと比べるとうるさいですが実際はそこまでうるさく感じないかと思います。

ブーっというような普通の機械の起動音なので眠る時につけても個人的には気になりませんでした。

それにこのENERGはその適用範囲の広さからリビングやオフィス用です。ですので、広い空間であればなおさら音は気にならないレベルだと思います。

⑤手入れは超簡単

水を使わないネブライザー式の最大の良さは手入れが超簡単なことです。水を入れたり、そこに精油をたらしたりということがないのでする必要のある手入れは特にありません。

するとすれば違う精油を使う時に精油を入れる瓶を洗うことぐらいですが、これも取り外してものの数秒で洗うことができるので楽ちんです。

一応アマゾン商品ページには定期的に無水エタノール(別売り)を使って掃除することを推奨しています。ですが、使用して数カ月たっていますがそれほどこまめにやらなくてもいいかなというのが正直なところです。

⑥倒れてもこぼれない

アロマディフューザーって普通は水をいれるので倒したりすると水がこぼれてしまうのがあるあるだと思います。

コードに足を引っかけて、本体に腕がぶつかってなどいろんな手段で倒してしまうんですよね。

でも、このENERGであれば水を入れていないので当然水はこぼれません。いくら倒してもOKです。

これが意外と便利です。かなり助かります。

⑦デメリット:精油がすぐなくなる!

ここまでメリットばかりを挙げてきましたが、もちろんこのENERGにもデメリットがあります。

それは精油がすぐになくなってしまうことです。

先ほど香りの持続力で触れましたが、2mlの精油を使った際にたった8時間で精油がなくなってしまいました。他のアロマディフューザーであれば2mlとはいわず、ほんの数滴たらせば何時間も使えますがENERGでは8時間で2mlをすべて使い切ってしまいます。

これは相当な精油の消費量です。

水を使わず直接噴霧していて、その拡散力も強いので仕方ないのかもしれませんがこの精油の消費量からするとすぐに精油を買い足さねばならず経済的ではありません。

ですので、使用する際は間欠運転の休止時間を長くする、あるいは精油自体を水で薄めてしまうのが得策です。

それでもある程度は抑えられても普通のアロマディフューザーよりは消費が激しいのでリビングであれば来客時や休息時だけ起動させるといった使い方にならざるを得ないと思います。

毎日ずっと運転しっぱなしという使い方にはあわないアロマディフューザーです。

オフィスで使って精油代は経費で落ちるので買い放題というような場合には最高のアロマディフューザーではあると思います。

後のデメリットはタイマーの時間が2時間までしかないこと、あとは先ほども触れた起動音くらいです。

ただアロマの拡散は精油がなくなっても続きますし、起動音も実際さほど気にならないので大きなデメリットにはならないと思います。

4.アマゾンレビュー・口コミ

気になるアマゾンレビューの得点ですが、なんと5つ星中4.4とかなりの高評価となっています。

しかも、336件中というレビュー数の多さなのでその品質の良さは保証できます。

口コミとしてはやはり水を使わない点が面倒でなくて良いという意見が多数です。

そして、意外にも音はさほど気にならないという方が多くいました。

5.他のアロマディフューザーの比較

このENERGを他のアロマディフューザーの中でも人気であるラサーナicon-external-link 無印のものと比べてみると以下のような感じになります。

ENERGラサーナ無印
タイマー30分、60分、120分1時間、8時間30分、60分、120分、180分
噴霧方式ネブライザー式超音波振動加湿方式
大きさ直径88mm、高さ132mm直径81.5mm、高さ183mm直径168mm、高さ121mm
適用範囲約63畳6-8畳12-15畳
水容量なし70ml350ml
電源USBアダプターアダプター
値段4550円6480円6900円

やはりポイントはその段違いな適用範囲です。他のアロマディフューザーは普通無印のように広くても15畳くらいですがENERGは60畳以上となっています。

そして、その適用範囲なのにかなりの小型ですし、値段も4500円とさほど高くありません。手入れが簡単、適用範囲が広い、そして、精油がたくさん必要ということからしてもやはりオフィス向けかなと個人的には思います。

※値段は2018年4月現在のものです。

まとめ:オフィス・リビング用に

以上、ENERGのアロマディフューザーのレビューを詳しく書いてきました。

このENERGはネブライザー式という珍しい方式のアロマディフューザーであり、他のアロマディフューザーとはちょっと毛色が違い特徴も差異が結構あります。

先ほども触れたようにその適用範囲などからオフィスあるいは広めのリビング向けとなっています。

もし整体院やおしゃれなオフィスでアロマディフューザーを使いたいという場合にはまず第一に選択肢に入れるべきものだと思います。

アロマの香りはそれだけで癒し効果があるのでこれを使えば来客や従業員も気持ちよく過ごせること間違いなしです♬

是非お試しください(^^♪

他にもいろんなアロマディフューザーが見たいという方は以下の記事も合わせてご覧ください!

おしゃれなアロマディフューザーのおすすめ7選

あなたにおすすめの記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA