安眠グッズ

ストレートネック枕のおすすめはネックフィット枕!使ってみたレビュー

ストレートネックにはネックフィット枕がおすすめ

昔から首や肩のこりがとれない…腰痛がひどい…

こんな症状に悩まされているのなら既にストレートネックになってしまっているのかもしれません。

本来であれば緩いカーブを描いている頸椎がまっすぐになってしまうのがストレートネックですが、骨の問題であるからといって治すことができないということはありません。

正しい対策をとれば、うまく矯正し治すことが可能です。

その対策の一つがストレートネックを治すために考案されたストレートネック枕です。

ストレートネック枕によって寝姿勢における首の位置を高くすることで頸椎の関節を緩めて症状を改善することができます。

このストレートネック枕のおすすめは株式会社あしたるんるんラボが開発した『スマホユーザーにおくるネックフィット枕』です。

今回は、このネックフィット枕を実際にストレートネックで悩んでいた筆者が使ってみたレビューとともにご紹介していきます。

※以下の文章は『あなたの首の痛み・肩こりはストレートネックが原因です!(酒井慎太郎)』という書籍を参考にしています

※レビューだけを読みたい方はこちら

1.ストレートネックによる症状

ずっとパソコンやスマホを見ていたりするとなってしまうストレートネックですが、ストレートネックによる症状は多岐にわたります。

まず代表的な症状が頭が前に出てしまうことによる首や肩のこり、そして、身体の重心が前に出てしまうことによる腰痛ひざ痛です。

さらに、頸椎の関節には多くの神経がかよっているのでそれが圧迫されることによって頭痛めまい吐き気多汗不眠など自律神経失調症icon-external-linkのような症状があらわれることもあります。

2.ストレートネックのチェック法

このような症状があらわれた場合、ストレートネックを疑ったほうが懸命ですが、これらの症状はストレートネック以外にも原因が考えられるので本当にストレートネックによるものなのか調べる必要があります。

整形外科に行ってレントゲンを撮れば医師によって正確な判断を受けることができますが、他にも簡単に自分でストレートネックかどうか確認できるチェック法があります。

やり方は非常に簡単です。

壁を背にしてまっすぐに立ち、『後頭部』、『肩甲骨』、『お尻』、『かかと』の4点を壁につけてみるだけです。

もし、この状態で後頭部が壁につかない場合はストレートネックである可能性が高いです。そして、その程度によって軽症か重症かを以下のように判断することができます。

  • 軽症:普通に立っているとわずかに後頭部が壁につかないけれど、意識して頭を立てればわりとすんなりつく
  • 中等症:普通に立っているだけでは後頭部が全くつかない。でも、意識して頭をつけようとすればなんとかつく。
  • 重症:どんなに頑張っても後頭部が壁につかない。

今、スマホやパソコンでこの記事を見ている方は一度目を離して実際にやってみてください。

首や肩こりにいつも悩まされている筆者の場合は、頑張れば後頭部が壁につく『中等症』でした。

自分としては昔から姿勢がいいといわれてきたのでそんなはずはないと思っていましたが、実際には結構ひどかったです(^^;)

3.ストレートネックの原因と対策

このストレートネックの原因はズバリ『うつむき姿勢』です。

スマホを見る若者

本来であれば重い頭を支えるためにクッション性のある緩いカーブを描いている頸椎が、うつむくことによって負荷がかかり、この緩いカーブが失われてしまうことでストレートネックを引き起こします。

頸椎

ですので、ストレートネックを治すためにはこの緩いカーブを元通りにしてあげる必要があります。

ここで役に立つのがストレートネック枕です。

ストレートネック枕は首にあたる部分が高くなっているのが特徴で、首を反らした状態で眠りにつくことによってこのまっすぐになってしまった頸椎のカーブを元通りにする効果が期待できます。

ですので、ストレートネックを改善するためにはまずこのストレートネック枕を使うのが効果的なのです。

4.スマホユーザーにおくるネックフィット枕のレビュー

①商品の機能レビュー

前置きが長くなってしまいましたが、ここからはおすすめのストレートネック枕である『スマホユーザーにおくるネックフィット枕』のレビューをしていきます。

ストレートネック枕ですからストレートネックが改善されるのはもちろんのこと、いつも使う枕でもあるので枕としての機能もしっかりとチェックしていきたいと思います。

まず注文して届くのはこのような感じです。

ネックフィット枕

横から見るとこんな感じです。首があたる部分が高くなっているのがわかりますでしょうか。

高さ

初期の状態としては高さとしては首の部分が10cm、頭があたる部分が6cmほどあります。

この首にあたる部分にはこのようなウレタン素材ウレタンシート2枚が内蔵されています。

首部分中身

首部分ウレタン①

首部分ウレタン②

まず主に高さの要因となっているウレタン素材ですが、高反発枕のような固めの素材からできており、首をのせてもあまり沈み込まないような構造となっています。

また、画像からわかるようにでこぼこの突起が全体についており、これが首をのせるとマッサージのような効果があります。

シート

そして、2枚のウレタンシートですが、よく宅配便で使われる緩衝材のような素材となっており、厚さがおよそ1cmほどあります。

これを抜いたり入れたりすることによって高さを自分に合うように調節することができます。

身長170cmの平凡体系の男である筆者の場合は、2枚とも入れた状態がちょうどよいサイズだったので、これを外せば女性でも十分に使える高さに調節できると思います。

次に頭をのせる部分ですが、こちらにはパイプ素材がふんだんに敷き詰められています。

頭部分パイプ①

頭部分パイプ②

この細かいパイプ素材によって程よく頭が沈み込むようになっています。

ウレタンなど柔らかい素材に慣れてしまっている方にはその感触が悪そうに感じてしまいそうですが、頭をのせると意外と違和感なく眠り姿勢を維持することができます。もちろんごつごつした感触はありません。

そして、こちらも首部分同様にパイプ素材を抜き差しすることで高さを調節することができます。この頭部分も筆者には最初の状態で程よい高さだったので女性は少し抜けばちょうどよい高さになると思います。

②使用感レビュー

ストレートネックの改善効果

そして、気になる実際に使ってみた使用感について触れていきたいと思います。

まず一番気になるのはストレートネック、そして、それによる首肩のこりが改善されるかについてですが…

これが…

 

かなり改善されました!!

 

私は仕事中もパソコンで作業し、通勤移動中は本を読み、家に帰ってからはパソコンでブログを更新し、さらに寝る前にはスマホでSNSをチェックするなど一日のほとんどはうつむいた状態です。

特に家でパソコンを作業しているのがイスではなくあぐらをかいた状態であるため、肩こりがそれはもうひどい状態だったんですがこれがかなり改善されました。

先ほど述べたストレートネックのチェック法では最初何とか壁に後頭部がつくぐらいの中等症だったんですが、最初からはつかないもののちょっと意識すれば後頭部がつくくらいの軽症程度には状態が回復しました。

本当は完全に治ればよかったのですが、枕を使って眠るだけしかしていないのでそれにしては十分な効果です。

あと実感したのは立って過ごしている時の姿勢がよくなったことです。

これは他の人に聞いてみたわけでもないので主観ですが自然と背筋がピンとなっていることに気づきました。(体重が後ろ側に寄っている感じといえばわかりやすいでしょうか)

なお使用期間はおよそ1か月ほどです。

1か月でここまで回復したのでもっと長く使い続ければさらに症状が改善されてくると思われます。

※病院で治療した場合、改善効果があらわれるのは早い人で2週間、長くても2、3か月はかかるといわれています。

枕としての使用感

そして、眠るための枕としての使用感について正直な感想を述べると、最初はめちゃくちゃ眠りづらいです!

これまでは高めとはいえ低反発の柔らかい素材の、かつ、頭の方が高い枕を使っていたのですが、このネックフィット枕は首の方が高いので違和感がひどかったです。

そして、なにより固いんですよね…。あとずっとこの枕を使っていると首の部分が痺れる感覚に襲われます。

こればっかしは慣れてないと眠りづらいのは確かです。

なのですが、この違和感も1~2週間くらい我慢して使用していればそのうち感じなくなってきます。

慣れてくると次第に

 

あれ?やっぱ…いいかも…

 

と、このネックフィット枕の良さを実感できるようになってきます。

首があたる部分が高いので首が反るような形となり、その分首の筋肉をずっと伸ばしているような感じになりますが、慣れるとこの伸びているのが気持ちよく感じてくるようになります。

ですので、最初の1週間程度を我慢すれば快適に眠ることができるようになります。

使用上の注意

ただ注意点として挙げるのであれば、いつも横向き寝の人にはあまり向いていないという点です。

というのも首の部分が高く固い素材となっているので横向きで眠ると首を反らしてほぐす効果も期待できませんし、何よりあごやほほの枕にあたる部分が固くてこの上なく眠りにくいです。

眠る前に横向きでスマホをいじったりしているとあごや顔が次第に痛くなってきます…。ですので、横向きでしか眠れないという人にはあまり向いていないと思います。

気になる値段は…

ストレートネック枕としてはかなり優秀、そして、枕としても慣れれば快適なネックフィット枕ですが、気になる値段は7980円(税抜)です。

枕としては少し高めではありますが、ストレートネックの改善効果は絶大なので値段分の働きはしてくれると思います。

気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。



公式ページ

アマゾン・楽天で購入する場合は下記リンクとなります。

注文から到着まで1週間はかかるので、早く使いたい!という方は早めに注文するのをおすすめします。

なお、公式サイトでは1500円で専用カバーを合わせて購入することもできます。

一応画像をのせるとこんな感じです。

カバー

カバー装着

本体のままでも洗濯はできますが中身を取り出すのは面倒ですので、汗っかきの方など汚れが気になる!という方は持っておいた方がいいかもしれません。肌触りもなかなかいいですし、黒色のカバーなので汚れもあまり目立たなくなります。

まとめ

以上、ストレートネック枕のおすすめであるネックフィット枕を実際に使ってみたレビューとともにご紹介してきました。

このスマホやパソコンが普及した現在ではストレートネックはもはや国民病であり、日本人の8割がストレートネックになっているともいわれています。

ストレートネック枕はただ使って眠るだけなので治療法としては他と比べるほどでもなく簡単です。

首や肩こり、そして、ひざ痛など身体の痛みでお悩みの方はまずストレートネック枕を使ってみるのも選択肢の一つとして入れてみてはいかがでしょうか。

5000円以下で買える枕のおすすめ3選【低反発から高反発まで】

あなたにおすすめの記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA