不眠症

不眠症の4つの症状と5つの原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不眠症の原因

夜なかなか寝付けない…夜中に何度も起きてしまう…

このように夜十分に眠れなければ、日中眠気に悩まされたり、イライラしてしまったりと思うように生活ができなくなってしまいます。

眠れないというと不眠症かもしれないと不安がよぎると思います。

最新の調査では5人に1人が睡眠の質に満足できていないことがわかっており、不眠症は誰しもがかかりうる病気です。

しかし、ひとえに不眠症といっても様々な症状や原因があり、それぞれに合った治療を行わなければ改善していくことはできません。

不眠症を治すにはまず敵を知ることから、ということで今回は、この不眠症のとはなんなのか、そしてその主な症状や原因についてご紹介していきます。







1.不眠症とは

不眠症の診断基準

嫌な出来事や翌日の不安のせいで眠れないという経験は誰しもあると思います。

しかし、このように一時的な不眠となったからといって必ずしも病気であるとは診断されません。

悩み事が気になって眠れないという場合でも、基本的にはその出来事が過ぎたり、時間が経つことで不眠が解消されれば問題ありません。

また、睡眠時間が通常の人より短くても、それで身体・精神ともに健康なままで日常生活に何ら支障がなければ不眠症ではありません。

病気である不眠症とは、眠れないという不眠の状態が長く続いてしまうこと、そして、それによって日常生活に支障が出ていることの2つにあてはまる状態のことを指します。

例えば、夜眠れないという状態が1か月以上続き、そのせいで日中に強い眠気を感じ、仕事に集中できないのであれば、それはいわゆる不眠症であり、病院での適切な治療が必要になります。

他にも不眠症による日常生活への影響は以下のようなものが挙げられます。

疲労感・倦怠感、注意力・集中力・記憶力の低下、イライラ、日中の眠気、やる気・気力の減退、頭痛・胃腸症状など

もしこれらに当てはまるけれども病院に行くべきか不安という場合には、自分で不眠症かどうかを簡単にチェックできるアテネ睡眠尺度という診断テストがあります。

以下のページでこの診断テストを受けることができますので、不安な方は是非お試しください。

不眠症診断テストを受ける

※この診断テストはあくまで目安なので症状に悩む方は必ず病院で医師に相談するようにしてください。かかるべき病院については記事末尾にてご紹介しています。

2.不眠症の症状

不眠症の症状

不眠といってもすべての人が同じ症状というわけではなく、主に以下の4つのタイプに分けられます。

①入眠障害

いわゆる寝つきが悪いという状態で、眠ろうと布団に入ったのになかなか眠りに入れないことを入眠障害といいます。

比較的若い世代に多い症状といわれています。

また、眠れずじっと安静にしているため、悩み事不安なことなどが頭に浮かび、さらに眠りに入りづらくなってしまうこともあります。

②中途覚醒

寝付くことはできても、夜中に途中で何度も目を覚ましてしまう状態のことを中途覚醒といいます。

夜中にトイレに行くために起きてしまうということは誰でもありますが、中途覚醒の場合、その後眠りにつくことができないことも多くあります。

中高年の不眠症やうつ病による不眠の場合に起こりやすい症状です。

③早期覚醒

眠りについたものの、あまりに早い時間に起きてしまい、その後眠れなくなってしまう状態を早期覚醒といいます。

睡眠時間が短くなりやすいお年寄りによくみられる症状です。

④熟眠障害

睡眠時間は十分とっているものの、ぐっすり眠ったという熟睡感が得られない状態のことを熟眠障害といいます。

比較的深い眠りであるノンレム睡眠の量が少なく、脳が十分に休まっていないことが原因であると考えられています。

不眠症の治療では、主に睡眠薬を用いた薬物療法が行われますが、これらのタイプごとに合った睡眠薬が処方されることになります。

服用する前に理解するべき睡眠薬の種類とその強さについて

スポンサーリンク





3.不眠症の原因

不眠症の5つの原因

これらの不眠の症状が引き起こされる原因は、大きく分けると以下の5つに分類することができます。

①ストレスによる不眠

不眠症の原因と聞くとまず最初に思い浮かぶのがストレスによる不眠です。

悩み事や嫌な出来事など心理的に大きなストレスがかかると眠れなくなってしまうことがあります。

これを改善させるためには、仕事や家庭などストレスとなっている状況を変えていかねばなりません。

また、何かしらストレスのかかる出来事があり、そのせいで眠れない状態が続くと、眠ろうとすること自体が苦痛となり、ストレスになってしまうことがあります。

この状態のことを不眠恐怖といいます。

その原因となるストレスが過ぎ去った後でもこの不眠恐怖だけが残り、不眠の状態が続いてしまうことがあります。

これを精神生理性不眠症と呼びます。

精神生理性不眠症の対策としては、何時間眠らなければならない、あるいは、眠くなくても布団に入らなければならないなど睡眠に対する考え方を修正していく必要があります。

②身体の病気による不眠

不眠は心理的な原因だけでなく病気などの身体的な状態が原因となって引き起こされることがあります。

ぜんそくの発作やアトピーによるかゆみ、胃潰瘍によるお腹の不快感といった夜中に発作などがあらわれるわかりやすいものから、高血圧糖尿病など一見すると不眠と関係ないような病気が原因となっていることもあります。

これらを含む不眠の原因となる病気は以下の通りです。

身体の病気による不眠を改善するには、まずこれらの原因となる病気を治療していくことが必要となります。

また、これらの病気の発症にはストレスが大きく関わっているため、身体の病気による不眠の場合でもストレスを軽減することは非常に大切です。

③心の病気による不眠

不眠を起こす代表的な心の病気はうつ病です。

うつ病になると非常に高い確率で不眠の症状が、特に中途覚醒早期覚醒があらわれやすいといわれています。

また、うつ病の特徴として、抑うつ感や不安感といった精神的症状や不眠のほかに食欲不振も多くみられる症状です。

うつ病の治療は発見が遅くなると特に治療期間が延びてしまう恐れがあるため、これらの代表的な症状があらわれた場合は、早期に精神科などの専門の医療機関で適切な処置を受けることが大切です。

心の病気としては、うつ病のほかにも不安障害統合失調症でも不眠があらわれることがあります。

抑うつ感、不眠など誰もが知っておくべきうつ病の主な症状と原因

④生活リズムの乱れによる不眠

人は通常健康な生活を送っていれば、日が昇る朝には目が覚め、日が沈む夜には眠くなるという体内時計に沿って生活をしています。

しかし、夜勤やシフトワーク、残業や夜更かしといった不規則な生活をして体内時計を狂わせてしまうと、夜眠るべき時間になっても眠れなくなってしまうことがあります。

これを治していくには、生活習慣を整え健康的な規則正しい生活を送ることが必要となります。

これで朝もすっきり!体内時計をリセットする方法7選

⑤薬や刺激物による不眠

ほかにも病気を治すために飲んでいるが原因となって不眠となってしまうこともあります。

不眠を引き起こしやすい代表的な薬は以下の通りです。

降圧薬、抗ヒスタミン薬、ステロイド剤、抗パーキンソン病薬、抗うつ病薬、気管支拡張薬、抗アレルギー剤、利尿剤など

これらの薬の服用によって不眠の症状に悩まされてしまう場合には、まずその病気の主治医に相談し、薬の変更や減薬をする必要があります。

※自分だけの判断で服用を中止することは大変危険ですので必ず医師に相談してください。

また、薬以外にもコーヒーに含まれるカフェインやタバコに含まれるニコチン、お酒に含まれるアルコールも不眠を引き起こす恐れがあります。

不眠に悩む方はまずこれらの嗜好品や刺激物を控えることが大切です。

まとめ

以上、不眠症の主な症状や原因についてご紹介してきました。

不眠といってもその原因は様々あり、単純に睡眠薬を飲むだけで治療できない場合も多々あります。

特に他の病気が原因となっていればその治療が最優先となり、これらを自分だけで判断してしまうのは大変危険です。

不眠が長期間続いて困っているという方はまず専門家である医師に相談してみましょう。

※どこの病院に行くべきなのかがわからないという方は、日本睡眠学会が睡眠医療認定医をリストアップしていますので以下のページをチェックしてみてください。

睡眠医療認定医リスト(日本睡眠学会)







参考:
・好きになる睡眠医学 内田直
・眠れないあなたに 睡眠科による不眠の医療 塩見利明
・不眠の悩みを解消する本 三島和夫
・今度こそ「快眠」できる12の方法 内山真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA