睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の3つの検査とその費用

睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時に呼吸が止まってしまい、睡眠の質を下げるだけでなく命に危険のある合併症をも引き起こす睡眠時無呼吸症候群

特徴的な症状は睡眠時のいびき無呼吸ですが、あくまで睡眠時なので自分では気づきにくい面もあります。

ですので、自分だけでなく家族が注意することとともに専門の医療機関できちんと検査を受けることが非常に大切です。

今回は、この睡眠時無呼吸症候群の検査や診断法についてご紹介していきます。







1.睡眠時無呼吸症候群の症状

まず検査を受ける前に睡眠時無呼吸症候群の特徴的な症状を把握しておきましょう。

①いびきと無呼吸

睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状はいびき無呼吸です。

睡眠時無呼吸症候群のいびきは通常のいびきとは違い、『ガァー、ガァー』という大きないびきです。

そして、無呼吸となり途中で突然途切れます。このほかにも仰向けになると大きくなること、朝までずっと続くのも特徴です。

②日中の眠気

また、いびきとともに注意したいのが日中の過度な眠気です。

睡眠中に無呼吸となると夜中に目が覚めたり、熟睡感がなくなったりと睡眠の質は下がります。

睡眠の質が低下すれば十分な睡眠時間をとっていたとしても日中に強い眠気を感じることになります。

この眠気は通常健康な人が感じる眠気とは違い、自分の意志では我慢できないほどの眠気です。会議など寝てはいけない場面でも居眠りしてしまうことさえあります。

このほかにも睡眠時無呼吸症候群の症状としては以下のようなものがあります。

夜間頻尿、中途覚醒、熟眠障害、肥満、起床時の頭痛、寝汗、意欲低下、集中力低下、食欲低下、疲労感・倦怠感、勃起不全(ED)など

2.睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時の無呼吸は眠っている時に気道が狭くなってしまうことで生じます。

気道が狭くなってしまう大きな原因は肥満です。

肥満により舌や気道の周りに脂肪がついてしまうと気道が塞がりやすくなってしまいます。

ほかにもあごが短い人、首が細い人、骨格が細い人も気道が狭くなりやすいといわれています。

そのいびき要注意!睡眠時無呼吸症候群の5つの症状とその原因

スポンサーリンク





3.睡眠時無呼吸症候群の検査

これらの症状や原因に当てはまりそうだと感じた場合は、専門の医療機関で検査を受ける必要があります。

主な流れとしては、1.問診、2.スクリーニング検査、3.精密検査という流れとなります。

睡眠時無呼吸症候群の検査

①問診

まず、通常の病気と同様医師による問診が行われます。

問診では、主な症状であるいびきや無呼吸、肥満、昼間の眠気や居眠りといったことから喫煙や飲酒の頻度などの生活習慣、高血圧や糖尿病などの持病の有無、服用している薬など細かなところまで確認が行われます。

このうちいびきや無呼吸は本人では自覚しづらい症状であるため、正確な診断には家族などの第三者の指摘が必要となります。

診断を受ける際は、パートナーに同席してもらうといいでしょう。

また、いびきを正確に把握するために、睡眠中の音を録音しておくことも有効です。

特に独身で一人暮らしをしている場合には、いびきを確認できる人がいないので診断前の自己判断としても活用することができます。

いまでは、スマホのアプリなどでも録音することができるので不安がある方は一度試してみてください。

②スクリーニング検査(簡易検査)

眠気のセルフチェック

睡眠時無呼吸症候群 検査 診断 エップワース眠気尺度

問診の次には、スクリーニングと呼ばれるふるい分けを行います。

まず行われるのが、日中の眠気を診断する『エップワース睡眠尺度』とよばれる簡易的なチェックです。

これはいくつかの質問に答えるだけで過眠症などを含めた睡眠障害の測定法で簡単にセルフチェックを行うことができます。

このエップワース睡眠尺度は測定できるページを作成してありますので気になる方は下のリンクから確認してみてください。

過眠症セルフチェック(エップワース眠気尺度)

このほかに行うスクリーニング検査としては、酸素状態を調べるパルスオキシメーターによる検査や睡眠中の呼吸状態を調べるアプノモニターによる検査などがあります。

パルスオキシメーター

パルスオキシメーターとは、人差し指にセンサーを付けて、血液中の酸素濃度(動脈血酸素飽和度:SpO₂)を測定する器械です。

睡眠時に無呼吸になることにより血液中の酸素濃度が低下していますので、その状態を確認することができます。

この酸素濃度は、%で表し、健康な人は95%以上ありますが、睡眠時無呼吸症候群であれば基本的にこれを下回る数値が出てきます。

アプノモニター

睡眠時無呼吸症候群 検査 診断 アプノモニター

画像引用:横山耳鼻咽喉科

アプノモニターでは、睡眠中の鼻・口の呼吸やいびきの気道を通る空気の流れを測定し、無呼吸がどのくらいの頻度で起こっているか、何秒止まっているかといった呼吸の状態を記録することができます。

この睡眠中の無呼吸の回数によって病気の重症度を判断します。

睡眠時無呼吸症候群の診断基準

睡眠時無呼吸症候群の重症度は、無呼吸低呼吸指数(AHIで判断します。

AHIとは、睡眠中の無呼吸や低呼吸の回数です。

無呼吸は10秒以上呼吸が停止すること、低呼吸は呼吸が10秒以上、50%以下に低下することを指します。

睡眠時無呼吸症候群として診断されるのはこのAHIが一時間に5回以上のとき、あるいは一晩に30回以上ある場合です。

また、このAHIによって重症度も以下のように分類されます。

  • 軽症:AHI=5~14回/時間
  • 中等症:AHI=15~29回/時間
  • 重症:AHI=30回以上/時間

これらのパルスオキシメーターやアプノモニターは小型で操作も簡単なので、病院から借りて自宅で検査することができます。

ただ、これらの検査で重症かどうかはわかりますが、軽症や中等症のレベルを細かく判定することはできません。

そこで、最終的な判断には次の睡眠ポリグラフ検査が必要となります。

③精密検査(睡眠ポリグラフ検査)

睡眠ポリグラフ検査

photo credit: thejesse Polysomnography via photopin (license)

パルスオキシメーターなど簡易的な検査の後に確定診断のために行われるのが睡眠ポリグラフ検査です。

この検査では、スクリーニング検査で測定した酸素濃度や呼吸の状態と合わせていろんなデータを記録することができます。

仰向けがどれくらいの頻度であらわれるか、胸や腹部に換気運動がみられるか、心電図、脳波、筋電図、眼球運動など睡眠ポリグラフ検査では睡眠の状態を細かく記録し、睡眠時無呼吸症候群のタイプや無呼吸の程度、合併症の有無などを診断することができます。

上の図のように胸や腰にバンドをしたり、呼吸を測定する器具を鼻や口に装着したりと複雑な機器を使用するため、この検査は入院する必要があります。

ただ、入院といっても睡眠時の記録をとることが目的なので、仕事終わりの夜から入院して翌日の朝に退院することができる場合も多いです。

SAS検査にかかる費用

これまで述べた睡眠時無呼吸症候群の検査はいろんな器具が使われますが、基本的には健康保険が適用されるので全費用の3割負担で済みます。

負担金額は以下の通りですが、ポリグラフ検査の場合、入院となるので検査費用以外に部屋代などがかかるので注意が必要です。

3割負担の検査費用の一例

  • パルスオキシメーター:300円
  • 簡易検査:2700円
  • ポリソグラフィー(PSG)検査:10440円

引用:図解 睡眠時無呼吸症候群を治す!最新治療と正しい知

※ポリソグラフィー(PSG)検査とは睡眠ポリグラフ検査のことです。

4.睡眠時無呼吸症候群の治療

これらの検査によって睡眠時無呼吸症候群であると判明した場合には、治療が行われていくことになります。

主に行われるのは、睡眠時に口や鼻にパイプを付けそこから空気を送り込み強制的に気道を確保するCPAPという器具が用いられます。

また、軽症の場合には専用のマウスピースを口にはめ込む治療法が行われることもあります。

他にも子供の患者や扁桃や口蓋垂の肥大が原因である場合には外科的手術が行われることもあります。

ただこれらは症状を緩和する対症療法であるため、睡眠時無呼吸症候群の原因である肥満をダイエットによって解消していくことも同時に行う必要があります。

睡眠時無呼吸症候群の3つの治療法とその費用

まとめ

以上、睡眠時無呼吸症候群の検査について詳しく見てきました。

最初にも触れたように睡眠時無呼吸症候群は自分だけでは気づきづらい病気です。

しかし、睡眠時無呼吸症候群は日中の居眠りだけでなく高血圧や糖尿病といった生活習慣病を合併してしまうこともある危険な病気です。

少しでも症状に不安がある方は早めに専門の医療機関で検査を受けてみることをおすすめします。

自分で治す!睡眠時無呼吸症候群の自分でできる対策6選







参考:
・図解 睡眠時無呼吸症候群を治す!最新治療と正しい知識 白濱龍太郎
・睡眠時無呼吸症候群がわかる本 成井浩司
・いびきと眠気にご注意!睡眠時無呼吸症候群のすべて 成井浩司
・鼾は直せる 誰にでもある睡眠時呼吸障害の自己解決法 高崎雄司

あなたにおすすめの記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA