安眠グッズ

その冷却効果は?瀬戸内海産塩まくら、Nicedayのレビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塩まくら

睡眠の質に大きな影響を与えるのが頭をのせる枕です。

枕にもそば殻、羽毛、ウールなど様々な素材がありますが最近注目されているのは塩が入った塩まくらです。

塩まくらには普通の枕とは違い冷却機能があるというのです。

今回は、この塩まくらを実際に使ってみたレビューをご紹介していきたいと思います。







1.塩まくらの効果

塩まくらと普通の枕との違いは塩の力によって頭を冷やすことができるところです。

東洋医学では、健康のためには頭寒足熱がいいといわれています。

頭寒足熱とは文字通り頭を冷やして足を温めることです。

このような状態になると、血流がよくなりで血行不良による不調、例えば頭痛肩こりなどの症状を改善することができるといわれています。

塩には熱を吸収する効果があり、塩まくらとして眠る時に頭に敷いて使うことで頭が温まるのを防ぎこの頭寒足熱の状態に近づけることができます。

特に塩には保冷剤とは違い、時間をかけてゆっくりと頭にたまった熱を逃がしていくことができるのが特徴です。

そして、塩にはマイナスイオンを発する効果もあり安眠のサポートにも役立つといわれています。

ずっと一日デスクワークなどをしていると肩こりに悩まされてしまいますし、眠る前でも仕事のことを考えるとどうしても頭に熱がこもってしまいがちです。

このような症状に悩む方は多いはず。特に夏場は頭を十分に冷やしたいところですので塩まくらの効果に期待したいところです。

2.実際に使ってみたレビュー!

このような頭寒足熱効果をもたらす塩まくら、普通の枕と大きく違いそうでその効果が気になります。

では、早速塩まくらのレビューをしていきたいと思います。

まず購入したのは瀬戸内海産の塩で作ったNicedayという塩まくらです。

枕カバー

ベージュ、あるいはアイボリーといった色でしょうか。淡い感じの色になっています。これならいろんな寝具と合わせられそうです。

大きさは横が30cm縦が18cmほどで普通の枕よりはかなり小さいサイズとなっています。

大きさ

500mlのペットボトルと比べるとこんな感じです。

大きさペットボトル比較

厚さはおよそ1cmくらいの薄さです。

厚さ

このサイズ感なので塩まくら単体として使うのではなく、普段使っている枕の上にのせて使います。

絵柄

それほど厚いわけでもないですし、首のあたりに敷いて使うのでこれがあったからといって頭がすごく高くなるということはありません。

触った感触としては、中の塩はきめ細かいもののしっかりと詰められているので思ったより固くずっしりとしています。

触り心地

長く使っていると中の塩が塊になってしまうことがありますが、手でほぐせば元のきめ細かい状態にすぐ戻すことができます。

なお、これまでの画像はカバーがついた状態でベージュ色のカバーは外して洗濯することができます。

カバー

いつも頭に敷いて使うので汚れがたまりやすいですしカバーを洗えるのは高ポイントです。

②実際に使ってみた感想

いよいよ気になる使ってみた効果について触れていきたいと思います。

頭寒足熱を謳う塩まくらの効果はいかほどか…。

およそ1か月間使ってみた塩まくらは…

 

ザ・普通

 

でした笑

熱を吸収するとのことでしたが、言われてみれば、どちらかといえばひんやりするかなというぐらいで正直あってもなくても感じられる温かさに違いはありませんでした。

一応使ったのは6~7月のほぼ夏の暑い時期ですがそんなに冷たさを感じませんね…。

アマゾンレビューだと6件中5件が星5つの最高得点で、多くの人がひんやり感を実感しているようなんですが個人差があるのかもしれません。

また、塩がぎっしり詰められているので柔らかめの枕が好きな私としてはその固さで少し眠りにくかったです。

肩こりはいつも悩まされているんですがこれもそこまで改善効果は認められず…。

うーん意味あるのかなこれ(・_・;)

ひんやり感や頭を冷やすという目的であればわざわざ塩まくらを使わなくても氷枕の方が物理的に冷たくなりますし眠りやすいと思います。

結論としてははっきり言ってしまえば『なくてもよい』という感じです。わざわざお金を出して買う必要もないかと思います。

ちなみにこの塩まくらのお値段はアマゾンで2300円ほどで購入することができます。

2000円を使うのであればその分エアコンや扇風機を付けた方が効果は高いでしょう。

まとめ

以上、頭寒足熱を促す塩まくらのレビューをご紹介してきました。

残念ながら塩まくらの効果についてはかなり低評価となってしまいました。

最初は普通の枕と違って効果がありそう!と期待したのですが実際使ってみると『う~ん・・・』といった感じです。

もし頭を冷やすのであれば氷枕の方が手っ取り早いし、しかも安いのでそちらをおすすめします。

おすすめの氷枕は冷やしても固まらないタイプのひえぷるやわらかまくらです。

冷たさの持続時間も長いですし、ジェル状の柔らかいタイプなので暑い熱帯夜でもかなり快適に眠ることができます。

なにより500円という低価格で半永久的に使うことができます。

塩まくらを使いたい!という方はまず氷枕も選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

エアコンなしで熱帯夜を乗り切るための対策グッズ3選
















  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA