安眠グッズ

音楽の力で安眠を!眠くなるおすすめの音楽CD5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

眠くなるおススメ音楽CD

夜なかなか寝付けない…

このように悩んでいる方は眠る前に心身ともに緊張したままになっていることが不眠の原因となっているかもしれません。

ぐっすりと安眠するためには眠る前にリラックスすることがとても重要です。

足湯をする、ハーブティーを飲むなど人によってリラックス法は様々ありますがその中でも気軽にできるのが音楽を聴くことです。

簡単な作業をしながら、本を読みながらヒーリングミュージックを聴けば眠る前の優雅なひと時を過ごすことができます。

ただ音楽は非常にたくさんの種類があり、眠る前にはどんな音楽を聴けばいいかわからない方もいると思います。

そこで今回は、眠る前に聴くと良い眠くなるおすすめの音楽CDをご紹介していきます。







1.夜カフェ Piano / 榊原大

夜カフェ

まず最初にご紹介するのは『夜カフェ Piano』というCDです。

夜カフェという名前の通り、まるでおしゃれなカフェで流れているようなピアノ音楽が収録されています。

全てピアノがメインの楽曲ですが、奏でられるピアノの音は優しいというよりスタイリッシュなかっこいい音です。

私はおしゃれとは程遠い人間ですが、このCDを聴いているとまるで自分がセンスのいい粋な人間に思えてきます。

収録されている曲は15曲でそのうち13曲が洋楽の名曲のカバーです。

古いもので1933年から、新しい曲で2008年に発表された曲まであり幅広いラインナップとなっています。

有名なアーティストでいうとマイケルジャクソンやイギリスのロックバンド、コールドプレイの曲が収録されています。

Human Nature / Michael Joseph Jackson

Viva lavida / Coldplay

どちらも原曲も最高にかっこいい曲ですがピアノバージョンもなかなか味があります。

もちろんこれらの原曲を知らなくても十分堪能することができます。何より私もそれほど洋楽は詳しくありません。

なお、演奏しているのは紅白歌合戦にも出場したことがあるピアニスト・作曲家の榊原大さんという方です。

どの曲も原曲の良さを活かしながらもしっとりとしたピアノの落ち着いた音に昇華させています。

私の場合、眠る前には必ずこのCDを聴くようにしていて気持ちを落ち着けるには欠かせないものとなっています。

2.快眠 ハワイアン ヒーリング / オムニバス

ハワイアンヒーリング

続いては『快眠ハワイアンヒーリング』というCDです。

こちらもその名の通りアコースティックギターの柔らかい音で奏でるハワイアンミュージックが11曲収録されています。

ギターの音だけでなく鳥のさえずりや海の波が押し寄せる音など自然音も一緒になっていてこれがかなりリラックスできます。

ハワイアンミュージックというとリゾート地で流れているようなアップテンポの少しテンションが高めの曲を想像してしまいますが、このアルバムに収録されているのはゆったりとしていて落ち着いた印象のある曲ばかりです。

このゆったりとしたメロディが眠りに誘ってきます。目を閉じて聴けば夕暮れ時にどこかの島で一人でたたずんでいるような感覚に浸れます。

おすすめは以下の2曲です。これは是非一度は聴いてほしいです。聴けばだれでも癒されると思います。

3.自律神経にやさしい音楽 / 広橋真紀子

自律神経にやさしい音楽

3つ目はアマゾンのヒーリング音楽部門で第一位のベストセラーを誇る『自律神経にやさしい音楽』です。

人は活動している時に優位になる交感神経と休息している時に優位になる副交感神経の2つからなる自律神経がバランスよく働くことによって心身の健康を維持しています。

しかし、様々なストレスがかかるとこの自律神経のバランスが乱れ、倦怠感やめまい、イライラや不眠といったなんとなく調子が悪いという不定愁訴を引き起こします。

これが続くと自律神経失調症icon-external-link という病気になってしまうこともあります。

このCDはこのような不調を音楽の力で自律神経のバランスを整えることによって解消することを目的としてつくられています。

CDの制作には現役の心療内科医である牧野真理子氏が携わっており、実際にこのCDを用いた実験を行ってその効果を実証しています。

この実験では46人の男女が参加しており、多くの人が緊張や抑うつ感が和らぎ、そして、活気が満ちてきたことがわかっています。

音としてはピアノがメインで、他にもシンセサイザーのようなきれいな電子音やフルート、そして鳥のさえずりなどの自然音など様々な音が合わさったヒーリングミュージックです。

印象としてはこれでもかというくらい優しい音色です。

テンポもゆっくりでこれぞ誰しもが思うヒーリングミュージックの王道といった感じの曲になっています。

このCDは癒し効果が尋常ではありません。聴いていると必ずと言っていいほど寝落ちしてしまいます。

4.究極の眠れるCD

究極の眠れるCD

4つ目は、不眠解消のCDといえばこれといわれるほど様々なサイトでも紹介されている『究極の眠れるCD』です。

さきほどの自律神経にやさしい音楽は睡眠だけなく心身のストレスを軽減させるCDでしたが、このCDは不眠の悩みを解消するためにつくられた快眠専門のCDです。

こちらのCDも心療内科医である牧野真理子氏が監修しており、こちらではこのCDを使ったアンケート調査を実施しています。

眠れないとという中でも多くの方が悩むのが寝つきの悪さです。このCDは特に入眠を促すような音となっており、アンケート調査では85%の人が寝つきがよくなったと回答しています。

音の構成は他のCDとは異なり、川のせせらぎやさざ波、風といった自然音がメインです。

この自然音のほかにもシンセサイザーやアコースティックギター、ベースの音などが合わさっています。

また、アルバムの構成も変わっており、10~15分の曲が4曲収録されていますが、実際は60分の長い曲が1曲のように感じるような構成となっています。

というのも最初の20分は自然音とシンセサイザーなどの音楽が合わさった曲、次の10分は自然音のみ、その後また自然音と音楽、そして自然音のみといった構成になっています。

人が寝付くまでの時間が平均20分という調査結果からこのような構成にしているそうです。寝付くまではいわゆるヒーリングミュージックでその後は眠りを妨げない自然音のみというような流れです。

音楽がメインだとどうしても聴く人によって好みが分かれてしまいますが、このCDは自然音がメインなので苦手という人も少ないと思います。

同じような音、同じようなテンポの繰り返しなので眠気を想起させる力はかなりあります。

こちらも最後まで聴いていられず何回も寝落ちしてしまいました。

5.DREAMS~快眠CD~ / オムニバス

Dreams

最後は、当サイトでも何度かご紹介している『DREAMS~快眠CD~』です。

こちらは睡眠医療の専門医である遠藤拓郎氏と日本を代表するヴァイオリニストである古澤巌氏が制作したCDで、様々なジャンルから快眠を促す曲を厳選してオムニバス形式で構成されています。

収録されているのは、有名なところでいえば葉加瀬太郎氏のエトピリカ、東儀秀樹氏のNew Asia、坂本龍一氏のMerry christmas Mr.Lawrence(戦場のメリークリスマス)、秋川雅史氏の星を継ぐ者になどそうそうたるメンツです。

また、医師が制作に携わっているだけあってこちらのCDも睡眠実験を行っており、その実験での寝付くまでの時間は平均6分半という驚異的な数字を記録しています。

構成としては3曲がワンセットとなっており、1曲目は創造力を高める曲、2曲目がリラックスさせる曲、3曲目が眠りを誘う曲となっていて、それもあって6分半という短い時間で眠りにつくことができるようになっています。

このCDのいいところは眠る時だけでなく普通に聴いても楽しめる名曲ばかりが収録されているところです。そして、ジャンルが様々なこともあり飽きることがありません。

個人的には快眠CDとしては一番おすすめしたいCDです。

※現在DREAMSとDREAMSⅡの2枚のCDが販売されています。

※もっと視聴してみたいという方は下記記事をご覧ください。

眠れない夜に聴きたい!安眠できる音楽CD『Dreams』

まとめ

以上、眠くなるおすすめ音楽CDをご紹介してきました。

いろいろご紹介してきましたが、眠る前にリラックスするには自分が気に入った音楽、自分が落ち着ける音楽を選ぶのが一番です。

是非ご自分で視聴していただいて自分が好きな曲を探してみてください♬

※眠る前に音楽を聴くには寝ながらでも聴くことができるピロースピーカーがおすすめです。詳しくは下の記事でご紹介していますのでこちらも合わせてご覧ください。

高音質ピロースピーカーならOittmがおすすめ!使ってみたレビュー










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*