睡眠

眠れない夜のおともに!安眠効果のあるハーブティーおススメ6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ハーブティーのおススメ

最近なんか寝つきが悪い…

寝つきの悪さ、熟睡感のなさに悩む方は多くいると思いますが、このような睡眠の悩みがあってもすぐに病院に行こうと思える人は少ないと思います。

不眠の病院だと精神科に行くのが通常ですが正直ハードルが高いですし、処方される睡眠薬を飲むのにも抵抗があるのが普通です。

そんな方におすすめしたいのが、眠る前のハーブティーです。

ハーブティーといってもただのお茶でしょ?と侮ってはいけません。ハーブティーには安眠効果など様々な不調に効く効用があります。

今回は、安眠できるハーブティーの効果とそのおススメの種類をご紹介していきます。







1. ハーブティーの効果といいところ

おススメのハーブティーをご紹介する前に、コーヒーや紅茶など他の飲み物に負けないハーブティーの良さをまず知っていただこうと思います。

以下では、ハーブティーの効果といいところの主なポイント5点についてご紹介していきます。

① 種類が多くいろんな効能がある

ハーブティーをおすすめする一番のポイントは、その種類の多さです。

有名なカモミールやバレリアンから、アロマとしても使われるラベンダーやオレンジ、ローズなど本当に多くの種類があります。

そして、安眠効果だけでなく、リラックスや疲労回復、肌荒れ、生理痛、ダイエットなどそれぞれに違った効能があり、その時々の体調や状況によって適切なものを選ぶことができます。

なにより、味や香り、そして、ハーブティー自体の色などそれぞれ特徴があるので飽きてしまうこともありません。また、一つのハーブだけでなく複数のハーブをブレンドすることもできます。

ハーブティーは一つ二つ飲み始めると、次は何にしよう、どんな効果があるだろうとわくわくしながら飲むことができます。このように健康にいいのはもちろんのこと楽しみながら飲めるのがハーブティーをおすすめしたい大きなポイントです。

② 抗酸化作用がある

活性酸素という言葉は多くの方が聞いたことがあると思います。

活性酸素は少量であれば細菌やウィルスから身体を守ってくれる作用がありますが、多くなりすぎると身体を酸化させて老化の原因ともなってしまう厄介な物質です。

多くのハーブティーにはこの活性酸素の発生を抑えてくれる抗酸化作用があります。ハーブティーはこの抗酸化作用により老化防止に役立つ効果もあります。

③ 香りでリラックスできる

ラベンダーなどアロマでも使われるハーブがあるように、ハーブティーにはとてもいい香りがします。

ハーブティーにはそれ自体の効果だけでなく、この香りによる安眠・リラックス効果も期待できます。

ハーブティーを実際につくってみるとわかりますが、お湯で温めてポッドの蓋を開けた瞬間に部屋中に広がるさわやかな香りはやみつきになります。

④ カフェインが入っていない

ハーブティーのおすすめポイントで忘れてはいけないのが、カフェインがほぼ含まれていないことです。

ご存じのようにカフェインには覚醒作用があり、安眠のためには眠る4時間前以降は摂取しない方がいいとされています。

しかし、カフェインはコーヒーだけでなく緑茶や紅茶・日本茶にも含まれており、これらを飲まないようにすると麦茶か水くらいしか選択肢がなくなってしまいます。12時に眠るなら8時以降は麦茶だけなんて正直寂しいですよね。

そんな時に活躍するのがハーブティーです。

ハーブティーならばこの時間に飲んでもその日の睡眠に悪影響を与えることはありません。

ハーブティー自体の安眠効果とカフェインの摂取を減らすことの相乗効果でよりぐっすり眠ることができる、まさに安眠のための飲み物がハーブティーなのです。

⑤ 雰囲気に浸れる

そして、個人的・主観的な意見ですが、ハーブティーを飲んでいると非常におしゃれな雰囲気に浸ることができます。

いい香りとほんの少しの苦み、そしてきれいな色。

ハーブティーには人を優雅な気持ちにさせてくれる科学では証明できない何かがあると思います。

眠る前のゆったりとした優雅な時間をハーブティーと過ごすと、自然とリラックスできてぐっすりと寝付くことができます。

2. 安眠効果のあるおススメ6選

このようにいろんな効果のあるハーブティーですが、たくさん種類があるのでどれを飲んでいいかわからなくなってしまうと思います。そこで、安眠効果のあるおススメのハーブティーをご紹介していきたいと思います。

① カモミール

カモミールティー

まず最初は一番有名な『カモミール』です。

カモミールの特徴はなんといってもその効能の多さです。

安眠効果やリラックス効果はもちろんのこと、ほかにも肌荒れ、生理痛、冷え性、便秘、消化促進、風邪、花粉症などなど身体の様々な不調に効果があります。

リンゴに似たとてもいい香りで、カモミールの中でもカモミールジャーマンはほんのり甘さもあり飲みやすい味なのでハーブティーを飲んだことがない人にもおススメできる種類です。

また、ホットミルクと相性がいいので、そのままだと苦く感じてしまう場合は混ぜて飲むのもまたおいしく感じます。

② オレンジブロッサム

続いてのおススメは『オレンジブロッサム』です。

オレンジブロッサムはリラックス効果に優れていて、不安やストレスを和らげる作用があるので眠る前の飲み物にはもってこいのハーブティーです。ほかにも抗うつ作用や消化器系の症状の鎮静作用、血液の循環をよくする強壮作用もあります。

つんとしない柑橘系の甘く優しい香りで、味も他のハーブティーに比べて苦みは特に少ないのでこれもまた飲みやすいものとなっています。

③ レモンバーム

レモンバーム

次は、これまた柑橘系の『レモンバーム』です。

オレンジブロッサムよりもさらに柑橘系の少し強めな香りですが、しつこくなくとてもさわやかな香りがします。味もとてもすっきりしています。

レモンバームは、別名『長寿のハーブ』とも呼ばれ、抗酸化作用を持つポリフェノールを多く含んでいて老化防止に効果があります。ほかにも鎮静作用発汗作用があり、風邪や花粉症の症状緩和にも有効です。

また、食欲増進・消化促進作用もあるので食事と一緒に飲むのもおすすめなハーブティーです。

④ バレリアン

安眠効果があるハーブティーで外せないのが『バレリアン』です。鎮静作用に優れ、不安や緊張を和らげてくれる効果があり、ストレスからくる頭痛や胃痛にも有効です。

他にも、精神安定作用鎮痛作用利尿作用などがあります。

ただ、香りは独特で少しきつめ、そして味も苦みを感じやすいので、そのままではなく先ほど紹介したレモンバームなどとブレンドすると飲みやすくなります。

⑤ ラベンダー

アロマとしてもよく使われる『ラベンダー』ですが、ハーブティーとして飲んでも安眠効果があります。

オレンジブロッサムやレモンバームはオレンジやレモンの香りがそのままするわけではありませんが、ラベンダーはまさに芳香剤としても使われているようなラベンダーそのもののフローラルな香りがします。(もちろん芳香剤よりいい香りです。)

これもリラックス効果に優れていてストレスを和らげる作用のほか、女性特有の更年期のトラブルPMS(月経前症候群)にも効果があります。

⑥ ローズ

ローズティー

そして、最後にご紹介するのは『ローズ』です。

いつも目にするバラとは少し違い、食用のバラが使われているハーブティーです。

フローラルで優雅な風味と上品な甘い香りももちろんいいですが、なんといってもその赤い色が非常にきれいで見た目でも優雅な気分に浸ることができます。

これも鎮静作用抗うつ作用があり心をきれいにリフレッシュしてくれる効果があります。

また、ホルモンバランスを整える働きもあり、ラベンダーと同様に更年期トラブルPMSの症状を緩和してくれる効果もあります。

ほかにもローズには美肌効果もあり、その効果は現代だけでなく古代からも化粧品として使われているほどです。

3. ハーブティーの入れ方

ハーブティーというと何か特別な入れ方があると思ってしまいますが、実際は他のお茶とそこまで変わらず、簡単に入れることができます。以下がティーポットを使った一般的なハーブティーの入れ方となります。

  1. まず、入れる前にティーポットにお湯を注ぎポット自体を温めておきます。
  2. そして、1杯分であればティースプーン山盛り1杯ほどの分量をポットに入れお湯を注ぎます。
  3. ポットに蓋をして3~5分ほど蒸らせば出来上がりです。

ハーブティーはそのまま飲んでも素材の味を感じられてよいのですが、最初はどうしても苦みが気になってしまうと思います。

そんな時は『はちみつ』を入れるのがおススメです。

あまり入れすぎるとハーブティーの風味を損ねてしまうので少しでかまいません。少しでもいれてみるとはちみつの甘さがハーブティーの苦みを和らげて非常に飲みやすくなります。

はちみつのいいところはほとんどの種類のハーブティーに合うことです。初めてハーブティーを飲む場合は一緒に用意しておくといいと思います。

4. ハーブをどこで買うの?

初めて買う場合は、ハーブ専門店に出向き店頭でスタッフさんに相談しながら選ぶのが一番失敗する可能性が低いと思いますが、そのような時間がない、あるいは近くに専門店がないという場合も多いと思います。

そのようなときには通販を利用しましょう。

ハーブを取り扱っている通販サイトはたくさんありますが、少し高めでも品質がいいものを選ぶならサントリーグループが運営している『enharb』、低コストで抑えたい場合は『生活の木』というサイトがおススメです。

ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」



店舗:宮城、東京、神奈川、千葉、埼玉、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山

ハーブとアロマテラピーの専門店 生活の木

生活の木

店舗:島根と徳島以外の都道府県

どちらもハーブ専門店として有名なところなので安心して購入することができますし、通販だけでなく店舗展開もしているので近くにあれば気軽によることもできます。

個人的には、初めての方は比較的安く買える生活の木で一度試してみるのがいいと思います。

まとめ:気になる方は一度お試しあれ!

以上、安眠効果のあるハーブティーについてご紹介してきました。

ハーブティーは睡眠薬ほどの効果は期待できないにしても、副作用もなく気軽にリラックスできるので日頃寝付けないとお悩みの方には是非おすすめしたい飲み物です。

個人的には、成分などによる安眠効果があるのはもちろんですが、ハーブティーをわざわざ購入して飲むとなると、眠る前にゆっくりする時間が自然とつくれるのが一番のいいところだと思います。リラックスしてハーブティーを楽しむ時間をつくることで身体を簡単に睡眠モードにすることができます。

寝つきの悪さにお悩みの方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

いい香りでぐっすり安眠!不眠症に効くアロマのおすすめ8選
ツボで簡単不眠症対策!眠くなるツボおススメ10選










参考:
・症状別でわかりやすい!初めてのハーブティーの教科書 佐々木薫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*