睡眠

挫折者必見!三日坊主にならない早起きを実現する8つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

早起き コツ

早起きして時間を有効に使いたいけどどうしても続かない…

資格の勉強やダイエットなど自分がしたいことに時間を使うには早起きが有効です。

やろうと思った日にはできたものの、その日に急な飲み会が入って夜寝るのが遅くなり、結局いつも通りに戻ってしまったなんて経験がある方も多いのではないでしょうか。

早起きを習慣にするのはとても難しいです。成功させるには正しい方法で続けることが大切です。

今回は、三日坊主にならない早起きの8つのコツをご紹介します。

1.早寝から始める

早起き コツ 早寝

早起きをして一番つらいのは眠いことです。

早起きしても朝眠ければ効率が悪いですし、日中にも眠気が続いてしまえば逆効果になってしまうこともあります。

早起きというと起きる時間に注目してしまいますが、早起きを実現する重要なポイントは眠る時間です。

人は通常、6~8時間は睡眠時間が必要です。早起きすれば当然睡眠時間は減りますので眠くなってしまいます。

ですので、短くなった睡眠時間を確保するためには眠る時間を早くしなければなりません

でも、そんな急に早く布団に入っても眠くないから寝付けないという方もいるでしょう。

その場合は、まず1日目は早めに起きることから始めます。そして、その日は当然早めに眠くなるのでこれを利用して早めに寝ます。すると、次の日も早起きしやすくなります。

ほかにも日中たくさん活動して疲れている日も早寝をするのに効果的です。

トラブル続きで疲労がたまった日や家族サービスで1日費やしてしまった日など、疲れているとその分早く眠くなります。そんな日があったら逆にチャンスだと思って早寝にトライしてみましょう。

2.少しずつ早くする

早起き コツ 少しずつ

早起き失敗の大きな原因は、すぐに何時間も前に起きようとしてしまうことです。人は無意識のうちに現状の習慣を維持しようとしていて、これを変えるには大きなパワーがいります。

普段運動していない人が、いきなり『明日から毎日10km走る!』と意気込んでもすぐにきつくなってやめてしまいます。

睡眠も運動と同じです。いつも7時に起きていたのをいきなり5時に変えるのは普段の生活からは大きな変化となりますので相応なパワーを必要とします。

このパワーを毎日使うとどうなるか、それはガス欠です。早起きは疲れるものと認識してしまい朝起きるのがおっくうになってしまいます。これでは続けることは難しいです。

早起きを習慣化するコツは30分ずつに分けて早く起きるようにすることです。

30分で難しければ15分でも構いません。

早起きを習慣化させるにはおよそ3か月はかかるといわれています。

早起きを始めるときはモチベーションが高まっている時で、すごく早く起きたくなってしまいますが、ここはぐっとこらえて焦らず徐々に習慣化させていきましょう。

3.1分でも早く起きれば早起き成功

早起き コツ 1分でも

早起きを習慣化させるのに重要なことは、早起きのハードルを最小まで下げることです。

特に始めたばかりの頃に失敗続きだと自分のことが嫌になり、いっそのことやめてしまおうと思ってしまいがちです。

30分早めた時間に目覚ましが鳴ったけど二度寝して結局いつもより5分早いだけだったなんてこともしばしばです。

そんなときでも失敗したと思わず、5分速く起きれたから成功!と思いましょう。もちろん5分でなく1分でも構いません。

1分では起きても何もできないじゃないかという風に思われてしまいそうですが、最初のうちは何もしなくてもいいんです。

起きること自体が大変なのですから1分でも早く起きれれば成功です。逆に「早起き」して「走る!」など2つ以上のことを同時に目標にするとハードルが高くなり失敗する確率が上がります。

まずは1分でも早く起きること、これを目標にしてトライしてみましょう。

4.夕方に仮眠をとらない

早起き コツ 仮眠

早寝もしている、起きる時間も少しずつ早くしている、でも眠くなる日は当然あります。

普段の生活リズムを変えようとしているので体内時計や睡眠覚醒リズムもまだ変わっていく途中です。ですので、日中に眠気が出るのは仕方がないことです。

そのようなときに、効果的なのが仮眠、つまり昼寝です。昼寝は短い時間でも眠気を解消するのに非常に有効な方法です。

しかし、注意しなければならないのが昼寝をする時間です。

午前中の昼寝は、前日の睡眠時間を補う効果がありますが、午後の昼寝はその日の睡眠時間を先取りしてしまいます。そのため、午後、特に夕方以降の昼寝は夜早く寝付けなくなってしまいます。

これでは、せっかく作ろうとしたリズムが崩れてしまってせっかくの努力が無駄になってしまいます。

そうならないためにも昼寝は午前中、もしくはお昼休みくらいまでにして夕方以降は絶対寝ないようにしましょう。特に帰宅中の電車は居眠りしやすいので要注意です。

関連記事:
icon-external-link 横になるのはNG?パフォーマンスを上げる本当の仮眠の取り方

icon-external-link できる人は昼寝をする!実はすごい昼寝の5つの効果

5.夜はコンビニに行かない

早起き コツ コンビニ

睡眠のリズムはに大きく影響されます。

朝に太陽の光を浴びると身体に『朝が来た!』と知らせることができ、体温が上昇して目が覚めてくるようになります。

逆に夜に強い光を浴びるとまだ眠る時間でないと身体が勘違いして眠れなくなってしまうことがあります。

通常部屋の中の照明はあまり明るくはないのでそれ程気にする必要はありませんが、注意しなければならないのがコンビニの照明です。

人は明るいものに惹かれやすい性質があり、これを利用してコンビニの照明は非常に明るく設定されています。このコンビニの照明は眠る体制を阻害するに十分な明るさがあります。

夕食などを買うために夜帰宅するときはコンビニに必ず寄るという習慣のある人は多いと思いますが、この習慣は早起きを実現するためにはNGです。

食事などは休日や昼間に買っておくようにして夜は極力コンビニには近寄らないようにしましょう。

6.周りに宣言する

早起き コツ 宣言

自分の意志だけでは起きるのが不安な場合は、まわりに早起きをすることを宣言しましょう。

まわりに宣言しておきながら三日坊主で終わってしまったら周りの人はどういう反応をするでしょうか。笑われたり、馬鹿にされたり、失望されたりとあまりいい評価は下さないでしょう。

このようなことを言われたり思われたりしたら誰でも嫌です。だからこそ自分を追い込んで早起きをすることができます。

この言う人を仲の良い友人となどにすると失敗してもそこまで非難されないでしょうし、笑いのネタになってしまうこともあります。

本気で早起きを実現するなら上司や先輩などちょっと苦手だなと思う人に言ってしまうのが効果的です。

7.例外を認める

早起き コツ 例外

仲の良い友人からの飲み会の誘い、上司からの急な残業の依頼などなど、日々早寝早起きをしようとしてもそれを邪魔する甘い誘いや厳しい指令は必ずあります。

早起きは大事だからといって友人の誘いをいつも断って楽しいことを我慢する生活はつまらないですし、残業を無理やり断るなんてことは現実的ではありません。

こうした早寝早起きを阻害する事態は必ず発生します。

ですので、先にこういった日もあると早起きできない例外の日を認めるようにしましょう。1日できなくてもまた次の日からやればいいんです。ハードルは低くが大切です。

しかし、とはいっても早起きは日々の習慣ですから何日も例外が続くとすぐにできなくなってしまいます。

ですので、例外は連続して二日までしか認めないとあらかじめ決めておきましょう。3日も続くのはNGです。

連続して羽目を外しすぎない、これを守るだけなら比較的簡単にできます。

8.早起きするメリットを明確に意識する

早起き コツ メリット

早起きするメリットはたくさんあります。

痩せやすい身体になったり、肌の調子が良かったり、自分だけの時間が作れますし、朝食もゆっくり食べれる、通勤電車はすいているときに乗れるなどなどいいことだらけです。

こうしたメリットを明確に頭の中でイメージすることで早起きの成功率はぐっと上がります。

なにより、自分を高めるために早起きする自分を想像してみてください。

かっこいいし憧れますよね?

いわゆる意識高い系でいいんです。むしろ、意識高い系ではなく本当に意識が高いのですからなにも気にする必要はありません。褒められてしかるべき存在なのです。

ちょっと気持ち悪いぐらいに早起きを称賛してしまいましたが、早起きは大変ですからそれぐらいの得るものがないと続きません。

早起きするとこんなにいいことがある!こんな自分になれる!そんなことを思いながら眠りにつくと気持ちよく眠ることができますし、辛い朝も乗り越えることができます。

これこそ早起きを続ける最大のコツです。ただ思考を変えるだけですが意外と効果がありますので騙されたと思って是非試してみてください。

関連記事:
icon-external-link 明日から始めよう!人生を充実させる早起きの6つのメリット

どうしても起きれない人のための最終手段:モーニングコール

早起き コツ モーニングコール

これらのことをしてもどうしても続かないという方におすすめなのが、モーニングコールです。

つまり、自分で起きるのではなくほかの人に起こしてもらいましょう。

家族やパートナー、友人など自分より早く起きる人がいるのであればその人たちにモーニングコールをお願いして強制的に起こしてもらうことができます。もちろん一緒に住んでいるのであれば電話を使う必要はありません。

朝起きて目を覚ますには人と会話することが大きな効果があります。モーニングコールがくるので早く起きなければという意識も芽生えますし、会話によっても目を覚ますことができます。

もしそんな人がいないとお困りの方は、モーニングコールの業者に頼みましょう。

月2000~4000円程度のお金はかかりますが、確実に朝起きることができますし、誰かに迷惑をかけることもありません。なによりお金がかかっていると思えば自分を追い込むことができます。

そして、少し下世話な話になってしまいますが、モーニングコールをしてくれる人は基本的には女性です。(男性か女性を選べるところもあります。)

もしあなたが男性であれば、朝女性の綺麗な声で起こされると思うと気持ちよく起きれると思いませんか?

どうしても朝が苦手という人はこのモーニングコールを試してみてはいかがでしょうか。

※気になる方は以下の会社がおすすめですのでチェックしてみてください。利用者の3割は女性ですので、女性でも気軽に依頼することができます。

早起き コツ モーニングコール

icon-external-link 株式会社エリアフレンズ

まとめ:早起きのハードルを下げることが一番のコツ

以上、早起きを続けるためのコツをご紹介してきました。

早起きというと眠いし大変と思ってしまいがちですが、これを続けるためには小さなステップで目標を達成できるようハードルを下げるのが大切です。

早起きをすることで、勉強や運動ができたり、余裕をもってご飯が食べれたりといいことはたくさんあります。

何度でも挑戦できるのが早起きのいいところでもあるので一度失敗してしまったという方もこれを機にもう一度トライしてみてはいかがでしょうか。

※早く起きても必ず二度寝してしまうという方は下の記事をご覧ください。

icon-external-link これで二度寝を完全防止!朝すっきり起きる方法20選




参考:
・ブサイクな夜型人生よ、さらば!早起きで得する♪朝美人さんのキラキラ生活
・人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術 古川武士
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*