不眠症

副作用が怖い?不眠症解消のための睡眠薬との正しい付き合い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不眠症を睡眠薬で治す

現在、日本では多くの方が不眠症状に悩まされています。今、こうしてこのサイトを見ている方も早く不眠症を治したいと思っている方が大半だと思います。

自分で運動をするようにしたり、ぬるま湯に入ってみたり、枕を変えてみたりといろいろしてみたけど治らないとお困りの方も多いのではないでしょうか。

その場合、治すために次に考えなければならないのが、病院での薬物療法、つまり、『睡眠薬の服用』です。

睡眠薬といえば、副作用依存性などあまりいいイメージがないのが正直なところで使用することに躊躇してしまいがちです。

しかし、こうしたイメージは多くの場合誤解から生じているもので、正しく服用すれば睡眠薬によって不眠症は改善することが多いです。必要なことは、正しい知識を持って睡眠薬と上手に付き合うことです。

そこで、不眠症を本気で治したいと思っている方に、睡眠薬への誤解や種類、副作用についてご紹介していきたいと思います。

1.睡眠薬は危険なの?

睡眠薬って危険なの?

結論から言うと、現在の睡眠薬は医師の指導の下、正しい服用の仕方を守れば、危険ではありません。(副作用がないという意味ではありません。)

そもそも、こうした悪いイメージは一昔前に睡眠薬として使われていた『バルビツール酸系睡眠薬』という薬の影響がです。

このバルビツール酸系睡眠薬は、薬が徐々に効かなくなる耐性が生じたり、薬をやめようとすると錯覚や幻覚が起きる離脱症状などの副作用が実際にありました。

また、大量に使用すると呼吸ができなくなるといった危険な症状があったことも事実です。

しかし、このバルビツール酸系睡眠薬は、現在では不眠症の治療にはほぼ使用されていません。現在多く使用されているのは、『ベンゾジアゼピン系』という副作用が少なく、大量に服用しても生命の危険がほぼない薬です。

ほかにも、非ベンゾジアゼピン系や、メラトニン受容体作動薬といった睡眠薬も使われていますが、特にここ最近に開発された睡眠薬は、自然に近い眠りを得ることができて、副作用もバルビツール酸系に比べると少ないです。

難しそうな単語が出てきてしまい、少し混乱してしまうかもしれませんが、要するに、今の睡眠薬は安全性が向上していて、正しい使い方をすれば危険が生じる可能性はずっと低くなっています。

2.睡眠薬の種類

睡眠薬にはたくさんの種類があります。

不眠症は患者さんそれぞれの原因や症状、健康状態などの様々な状況から適切な薬を選んでいくことが必要です。ですので、場合によって、治療によい効果が出るまで、睡眠薬の種類も変更していくこともあります。

ただ漫然と医師の指示に従うのではなく、どんな種類の薬でどう効いていくのかを自分で理解していれば、必要な情報を医師に伝えることができますし、間違った服用を避けることもできます。

そのためにも、睡眠薬の種類についてざっとで構いませんので理解しておきましょう。

①作用機序による分類

先ほど〇〇系などのカタカナの難しい単語が出てきましたが、これは睡眠薬の作用機序による分類となります。

作用機序とは、簡単に言えば、体のどの部分にどのように効くかというメカニズムのことを指します。

それぞれの違いを簡単に説明していきます。

  • バルビツール酸系:
    効き目は強力ですが、強い副作用が出ることがあります。現在ではあまり使用されていません。
  • ベンゾジアゼピン系:
    耐性や依存性が少なく安全性の高い睡眠薬で、日本では最も多く処方されています。不安や緊張を和らげる鎮静作用や抗不安作用により、眠りやすい体内環境にする効果があります。ただ、起きたときのふらつきや薬の服用をやめたときに眠れなくなってしまう『反跳性』などの副作用が生じることがあります。
  • 非ベンゾジアゼピン系:
    ベンゾジアゼピン系の副作用を軽減してより自然に近い眠りを誘発する睡眠薬です。こちらもベンゾジアゼピン系と同様に鎮静作用や抗不安作用によって眠りやすくする効果があります。欧米では、こちらの方が多く使用されています。
  • メラトニン受容体作動薬:
    2010年に日本で開発された新しい睡眠薬で、催眠ホルモンであるメラトニンを誘導することで眠気を起こさせる新しいタイプの薬です。鎮静作用や抗不安作用ではなく、「夜暗くなったので眠る」というごく自然に近い生理的睡眠を誘導する作用があります。この薬は、副作用も少なく、乱用や依存が起こらないといわれています。
  • オレキシン受容体拮抗薬:
    脳の覚醒を維持するオレキシンという物質の働きを抑えることで、脳を眠りの状態に誘導する睡眠薬です。2014年に日本で承認されたばかりの非常に新しい薬となります。認知機能や記憶、運動機能に悪影響を与える副作用が少なく、反跳性も少ないといわれています。また、メラトニン受容体作動薬よりも作用時間が長いのが特徴です。ただ、臨床試験では高い安全性が認められていますが、承認されて間もないため実際の評価はまだ難しいところです。

②作用時間による分類

ほかにも、睡眠薬の作用時間の長さによっても以下の4つに分類することができます。

  • 超短時間型:
    飲んでからすぐに効き始め、2~4時間で効き目がなくなるタイプ
  • 短時間型:
    効き目が6~12時間持続するタイプ。この短期型と超短期型は用法を守れば、翌朝まで眠気をひきずったり、起きたときふらふらするような効果はほぼありません。
  • 中間型:
    効き目が12~24時間持続するタイプ。続けて服用していると薬物が体内に蓄積されていきますが、4,5日経つと一定以上は蓄積されなくなります。量が多くなってくると、翌朝に眠気やふらつきを感じることがあります。
  • 長時間型:
    効き目が24時間以上持続するタイプ。こちらも継続的に服用すると体内に蓄積され、蓄積の限界は1週間ほどとなります。翌朝や日中まで眠気を感じてしまう効果がより出やすい傾向があります。

睡眠薬を処方する際は、これらの4つのタイプの薬から、不眠症の症状に応じて処方する薬を選んでいくのが一般的です。

  • 入眠障害(寝つきが悪い) ⇒ 超短時間型・短時間型
  • 中途覚醒(夜中に起きてしまう) ⇒ 中間型・長時間型
  • 早期覚醒(朝早く起きてしまう) ⇒ 中間型・長時間型

以上の作用機序と作用時間の分類、そして、実際に使われている睡眠薬名を表すと以下のようになります。

〇国内で使われている主な睡眠薬
分類 商品名 作用型
非ベンゾジアゼピン系 マイスリー 超短時間型
アモバン
ルネスタ
ベンゾジアゼピン系 ハルシオン
デパス 短時間型
レンドルミン
リスミー
ロラメット
エバミール
エリミン 中間型
サイレース
ユーロジン
ネルボン
ベンザリン
ドラール 長時間型
ダルメート
ベノジール
ソメリン
メラトニン受容体作動薬 ロゼレム
オレキシン受容体拮抗薬 ベルソムラ
参考:不眠の悩みを解消する本 三島和夫

③市販の睡眠薬

①~②での睡眠薬は病院で医師の指導の下で処方される睡眠薬を指していますが、ドラッグストア等で処方箋なしで買える市販の睡眠薬もあります。エスエス製薬のドリエルなどが有名ですね。

これらは風邪薬や鼻炎薬などの飲むと眠くなるという副作用を利用して催眠作用をもたらすタイプの薬です。

あくまで一時的な不眠を解消するための薬であり、慢性的な不眠症を治すための薬ではありませんのでご注意ください。

なお、エスエス製薬のHPで効果などについてわかりやすく説明しているので気になる方は下記のリンクをご覧ください。

icon-external-link エスエス製薬 [睡眠改善薬]ドリエル

3.睡眠薬の正しい使い方

睡眠薬の正しい使い方

近年の睡眠薬は進歩しており、危険性は低くなったと先ほど述べましたが、それは医師の指導による用法用量を守ったうえでの正しい服用が前提となります。その上で、誤解が生じやすく注意すべき点について簡単に説明します。

①飲んだらすぐに眠る

睡眠薬の効き目は、10~30分ほどと比較的短い時間であらわれます。ですので、就寝直前に服用するようにし、あらかじめ眠る準備を済ましておきましょう。

②お酒と睡眠薬を一緒に飲まない

睡眠薬とアルコールを一緒に摂取すると、お互いの作用が強く生じてしまうことがわかっています。

普段以上に酔っぱらってしまったり、呼吸がしにくくなったり、さらには、一時的な記憶が失われてしまうことまであります。ですので、お酒を飲んでしまった場合は、睡眠薬を服用することは絶対に避けてください。

これは、実際に病院でも処方する薬局でも繰り返し言われることですが、寝酒を睡眠薬代わりにしている方は特に注意が必要です。

③夕食はきちんと食べる

お腹がすいたまま薬を服用すると、薬の吸収が悪くなるので、夕食はしっかりとるようにしてください。

また、そもそも空腹のまま就寝すると寝つきが悪くなってしまうこともあります。

④副作用が生じた場合、効果がない場合は医師に相談する

不眠症の症状などにより医師の判断で処方する薬を決めますが、その効果や副作用の生じ方は人によって異なります。

日中の活動に支障が出たり、一向に眠ることができないといった効果が薄い場合は、早めに医師に相談し薬を変更するなどの対処をしてもらいましょう。

ここで効果が出ないからといって自分の判断で調節してしまうと、副作用や離脱症状が生じてしまう可能性がありますので注意してください。

4.睡眠薬の副作用

睡眠薬を飲んで仕事中眠くなる

睡眠薬に関して、一番気になるのはやはり副作用だと思います。近年の睡眠薬の安全性は高まったことは事実ですが、だからといって副作用が全くないということはありません。

また、決められた用量を守らなかったり、途中で服用をやめてしまったことにより副作用が生じることもあります。

以下で睡眠薬によって生じる一般的な副作用についてご説明します。

①持ち越し効果

睡眠薬の効果が睡眠時だけでなく起きた後の翌朝以降にも続いてしまうことを持ち越し効果といいます。

主に日中の眠気、ふらつき、頭痛、倦怠感などが見られる場合があります。作用時間が長いタイプの薬ほど、この持ち越し効果が生じやすい傾向があります。

持ち越し効果が生じた場合、睡眠薬の減量や作用時間の短い薬に変えていく必要があります。

②早朝覚醒・日中不安

持ち越し効果とは逆に、睡眠薬の効果が早朝に切れて明け方に起きてしまったり、日中の不安感が増強されてしまうことがあります。

この場合は、より作用時間が長い薬を処方することで対処します。

③記憶障害

服用から睡眠時までの出来事や翌朝起床してからの出来事を忘れてしまう副作用のことを指し、「前向性健忘」とも言います。

睡眠薬とお酒を同時に飲んでしまったときに起こりやすい症状です。

④筋弛緩作用

睡眠薬には多かれ少なかれ、筋肉の緊張を緩める効果があり、これによってふらついてしまったり、立ち上がれないといった症状が生じる場合があります。

作用時間が長い睡眠薬に比較的強くあらわれる傾向があり、高齢者の場合、転倒により骨折してしまうこともあります。

⑤反跳性不眠・離脱症状

継続的に服用していた睡眠薬を急にやめた場合に、以前よりも眠れなくなってしまうことを反跳性不眠といいます。

また、同様に不安やイライラ、頭痛などを感じることもあり、これを離脱症状と呼びます。これを予防するには、睡眠薬を急に中断するのではなく、徐々に減らしていくことが必要となります。

⑥奇異反応

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を服用している場合において、薬を服用したにもかかわらず無理に起きていたりすると、興奮や攻撃性が増し錯乱状態になることがあります。

薬を多く服用したり超短時間型の薬とアルコールを同時に摂取したりするとこの奇異反応が生じることがあります。

以上が主な副作用となりますが、こうした作用が生じた場合は速やかに医師に相談し薬を変更するなど処置が必要となります。

5.睡眠薬のやめ方

睡眠薬の正しいやめ方

睡眠薬を継続的に服用し、不眠症状が緩和され、また、日中の苦痛が弱まってきた場合、最終的には睡眠薬を飲まないで済むことを目指して薬の服用の量や回数を減らしていきます。

4.睡眠薬の副作用で述べた離脱症状や反跳性不眠が生じないよう医師の指示の下で慎重に減薬を行っていくことが必要となります。

薬の減量法には①漸減法②隔日法③漸減法と隔日法の組み合わせの3つの手法があります。

①漸減法

超短時間型や短時間型の睡眠薬の場合、2~4週間ごとに薬の量を3/4、1/2、1/4といったように徐々に減らしていきます。

減らした結果、眠ることができなくなった際には、その前の量に戻して治療を続けることになります。

②隔日法

中間型や長時間型の場合、睡眠薬を服用しない日を週1日設けることから始まり、飲まない日を徐々に増やしていく隔日法がとられます。

この方法では、1日服用しなくても前日服用した分が体に蓄積されているため急に眠れなくなることが少なく、薬なしで眠れたと自信につながることもあります。

③漸減法と隔日法の組み合わせ

作用時間が短い睡眠薬の漸減法でうまく減薬できない場合は、いったん作用時間が長い睡眠薬に変更したあとに隔日法で減量していくことが可能になる場合もあります。

まとめ:睡眠薬だけに頼らず、自分の眠るスキルも上げていきましょう。

睡眠薬だけに頼らず、自分の眠るスキルも上げていきましょう。

以上、不眠症の睡眠薬治療について詳しく見てきました。

何度もいいますが、睡眠薬は正しく服用すれば不眠症の治療に大きく役立ちますし、安全に治していくことができます。

睡眠薬に関する正しい知識があれば、医師に相談する際も必要な情報を伝えることができ、効果的な薬物治療に役立てることができます。

ただ、睡眠薬は不眠の症状を緩和するだけであり、不眠症の原因を根本から治すわけではありません。眠りに対する意識や生活の過ごし方などを改善し、自分の力で眠るスキルを上げていくことも重要です。

薬や医師だけに頼らず、自分の力でも不眠症を治すことができるという意気込みをもって治療に取り組んでもらえたら幸いです。

※薬以外に自分で行うことができる不眠症対策については、下の記事にまとめてありますのでこちらも参考にしてください。

icon-external-link 薬なし!自分でできる不眠症対策5つの方法
icon-external-link これでぐっすり熟睡!睡眠の質を高める方法10選




参考:
・不眠の悩みを解消する本 三島和夫
・今度こそ「快眠」できる12の方法 内山真
・不眠の悩み解決BOOK 内山真
・眠れないあなたに 睡眠科による不眠の医療 塩見利明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*